キンポウゲ科(学名:Ranunculaceae):クリスマス ローズ 育て方



キンポウゲ科(学名:Ranunculaceae)は双子葉植物キンポウゲ目に属する科である。ウマノアシガタ科(ウマノアシガタはキンポウゲの別名、普通は前者を標準和名とする)の名も用いられる。多くは草本。

花は両性花で、花被としてがくと花弁を両方持つもののほか、花弁が退化し、がくが花弁状になったものもある。雄蕊は多数、雌蕊も複数ある、いわゆる多心皮である。雌しべは多数の心皮が根本まで分かれており、それぞれに柱頭があって、それが寄り集まった構造をしている。これは花の構造としては原始的なものであると考えられている。

虫媒花で、美しいため観賞用に栽培されるものも多い。キンポウゲ、トリカブト、クレマチス、アネモネなどの種がある。アルカロイドを含み有毒植物が多いが、一部は漢方薬、医薬品としても用いられる。約50属、1500種ある。


ニリンソウ
センニンソウ
クサボタン

おもな属
トリカブト属 Aconitum
トリカブト、ツクバトリカブト、タンナトリカブト、ホソバトリカブト、レイジンソウ、ハナカズラなど
ルイヨウショウマ属 Actaea
ルイヨウショウマ
フクジュソウ属 Adonis
フクジュソウ(福寿草)など
イチリンソウ属 Anemone
イチリンソウ、ニリンソウ、アネモネ、シュウメイギク、ハクサンイチゲ、アズマイチゲなど
レンゲショウマ属 Anemonopsis
レンゲショウマ
オダマキ属 Aquilegia
ヤマオダマキ、ミヤマオダマキなど
バイカモ属 Batrachium
バイカモ
キタダケソウ属 Callianthemum
キタダケソウなど
リュウキンカ属 Caltha
エゾノリュウキンカ、リュウキンカ
サラシナショウマ属 Cimicifuga
サラシナショウマなど
センニンソウ属 Clematis
センニンソウ、クレマチス−園芸品種群、テッセン、ハンショウヅル、クサボタンなど
チドリソウ(ヒエンソウ)属Consolida
オウレン属 Coptis
ミツバオウレン、オウレン、バイカオウレンなど
オオヒエンソウ(デルフィニウム)属Delphinium
セツブンソウ属 Eranthis
セツブンソウなど
シラネアオイ属 Glaucidium
シラネアオイ(日本特産で1種のみ。シラネアオイ科として分ける場合が多い。)
ヒメキンポウゲ属 Halerpestes
クリスマスローズ属 Helleborus
クリスマスローズ
ミスミソウ属 Hepatica
ミスミソウ、スハマソウ、オオミスミソウ、ケスハマソウ(これらの通称:雪割草)
シロカネソウ属 Isopyrum
ツルシロカネソウ、アズマシロカネソウ
クロタネソウ属 Nigella
オキナグサ属 Pulsatilla
オキナグサ、ツクモグサ
キンポウゲ属 Ranunculus
ウマノアシガタ、キツネノボタン、タガラシ、ミヤマキンポウゲ、ラナンキュラス
セツブンソウ属 Shibateranthis
セツブンソウ
カラマツソウ属 Thalictrum
カラマツソウ、アキカラマツ、シキンカラマツなど
モミジカラマツ属 Trautvetteria
モミジカラマツ
キンバイソウ属 Trollius
キンバイソウ、シナノキンバイなど

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。